CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

地域住環境研究所

いつまでも暮らせる環境づくりをサポートします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
心地良い暮らしをサポートする身体の使い方: Vol. 4
地域住環境研究所の福井義幸です。
障碍者・高齢者の新築・リフォーム・住宅改修を手がけて16年!
小規模福祉施設の企画・立案・設計・施工を手がけて12年!
福祉住環境コーディネーターのプロを育成する実践塾を始めて11年!
日々の暮らしが楽になる腰痛・肩こり・関節痛になりにくい身体をつくる古武術介護塾を始めて12年目!
現在は新たに日本文化に合致する福祉用具の開発を楽しんでいます。

さて、今回は関節を意識する歩き方についてのお話です。
関節を意識する歩き方?
なんだか良くわかりませんねえ。

たまにながく歩くと筋肉痛になるかもしれません。
急に走ったり、ハイキングや山歩きなどならなおさらですよね。
筋力で歩くと当然筋肉疲労しますよね。
その結果、筋肉痛になるのは仕方の無いことだと思っていませんか?

筋肉痛にならない歩き方ってあったら良いですよね。

ではここからがお試しです。
先ず、椅子に座って楽な座り方をします。
背もたれを使わないで楽に座ってください。
次に、座ったまま足踏みをします。
この時、出来るだけ高く上げられるところまであげてみましょう。
何回か足踏みすると疲れてきますのでその前に止めてくださいね。
止めたら、大腿部分をどなたかに押さえてもらいましょう。
押さえる方は体重をかけて押さえるようにしてください。
座り足踏みは出来なくなりますよね。

では、脚の付け根(股関節)だけを意識して足踏みしてみましょう。
股関節を回転させるようにして足踏みするのがコツです。
このとき、膝を上げようとすると座り足踏みはしづらくなります。
股関節で脚を吊り上げるという感覚で行ってください。
感じがつかめたら、大腿部分を押さえてもらいましょう。

あらら、座り足踏みができちゃった!
しかも、チカラを入れているわけでもないのに!

となったら大成功!
今まで試しに行って下さった方々およそ数百人?
のほとんどの方が出来たのであなたもできると思いますよ(^^)

自論ですが、股関節を動かすという意識をした。
股関節を動かすための筋肉全てが自然な役割をこなした。
つまり、身体全体の関連する細胞がすべて連動したために楽に脚が動かせた。
後付理論ですがね(笑)

次回は、いよいよ歩いてみましょう。
 
| - | 00:42 | - | - | - |
心地良い暮らしをサポートする身体の使い方: Vol. 3
障碍者・高齢者の新築・リフォーム・住宅改修を手がけて16年!
小規模福祉施設の企画・立案・設計・施工を手がけて12年!
福祉住環境コーディネーターのプロを育成する実践塾を始めて11年!
日々の暮らしが楽になる腰痛・肩こり・関節痛になりにくい身体をつくる古武術介護塾を始めて11年目!
地域住環境研究所の福井義幸です。

「手の使い方で変わる暮らしの不思議」

実例をひとつ
左方麻痺の方に歩行指導をお願いされ、お会いした時でした。
歩行も困難で、単座位でも腰に負担がかかり長く座って居れない方でした。
当然T字型の杖を使っておられましたが、立ち上がるときにも不安定な状態で
介助が必要との事でした。水平移動は介助用車椅子を使われています。

先ず、座り方の指導をさせていただきました。
しばらく座ってお話していたのですが、腰は痛みますか?って聞いたら
「あら?痛くないわ」
うれしい言葉でしたねえ。
「お辞儀をするようにゆっくり立ち上がってくださいね」
少し補助をしましたが、杖無しで立ち上がってくださいました。
「あら?こんなに楽に立てたの初めて」
またまた嬉しい言葉を頂きました。

1,200mmの長さの丸い棒を渡して
「腕を約90度に肘から曲げてこの棒をそっと握って歩いてみてください」
ただ、これだけの言葉で今まで歩けた距離の倍を楽に歩かれました。

さて、ここからが本題です。
そっと握った棒は、握力を使わずに握っていただけなんです。
つまり、杖に頼らずに歩行したことになりますよね。
持っているだけで安心なのかな?
何事も体験が大切なので、みなさんも試してみてくださいね。

人差し指を使うと力になり、肘から手首までしか使っていないことに気がつけば
あなたはすばらしい感性の持ち主ですよ。

逆に、薬指を意識して使うと肩甲骨まで連動して使っているのがわかると思います。
さらに、肩甲骨を通して身体全体を使っていることになります。

さて、前述の実例の杖の握り方も同じで人差し指と親指にちからを入れて杖を握った場合は
筋力のみで握っているので疲れてしまいます。
薬指を中心に中指と小指を添えるようにそっと握れば筋力じゃないので疲れませんね。
しかも、もち手が滑らないというところまで気づいていただければ
あなたはすばらしい感性を備えておられます。

今回の不思議発見!
先ず両手を握ってみてください。
その次に親指だけを伸ばしてください。
伸びますよね。
次に人差し指はどうでしょう。
中指はどうでしょう。
薬指は・・・あらあら?
小指も伸びますよね。
つまり、薬指は他の指と違って簡単に握って疲れない指なのかもしれませんね。

 
| - | 23:46 | - | - | - |
心地良い暮らしをサポートする身体の使い方: Vol. 2
 
 
障碍者・高齢者の新築・リフォーム・住宅改修を手がけて16年!
小規模福祉施設の企画・立案・設計・施工を手がけて12年!
福祉住環境コーディネーターのプロを育成する実践塾を始めて11年!
日々の暮らしが楽になる腰痛・肩こり・関節痛になりにくい身体をつくる古武術介護塾を始めて11年目!
地域住環境研究所の福井義幸です。

身体に不自由なところが出来たら補う道具を選定し処方してあげなければなりませんね。
先ず暮らしに大きく影響する移動動作を補えるのは何でしょう。
歩行が困難になったら、杖を使いますよね。
今回は、杖についてお話しましょう。
これからお話しするのはあくまで持論なので、信じるか否かはあなた自身です。

先ずは1点杖
代表的なのはT字杖
大転子より少し上の長さのものをお勧めします。
肘は少し曲がる程度になる長さにします。
ところで、T字杖って発祥は何処なんでしょう。
西洋から渡ってきました。
ということは、西洋の方々にとって使い易いものなのでしょうね。
西洋の方々と日本の方々の身体操法って同じなのかなあ。

大工さんが使うノコギリって西洋では押して切りますね。
日本の大工さんが使っているノコギリは引いて切りますね。
と言うことは、使い方は逆なんじゃないのかなあ。
引いて使える杖ってあるの?
そうそう、水戸黄門さまが使っている竹の杖!
あれって引いて使う杖なのじゃないのかな。
修験者が山に入るときに使っている杖もそうなのじゃないのかな。
富士山に登るときの山小屋に置いてある杖も同じですよね。

一度試してみてください。
どちらの杖が本当に使い易いのか。
どちらの杖が本当にバランス良く歩行ができるのか。

身体が不自由になっても違和感なく使える杖って
身体にやさしい福祉用具なのかもしれませんね。

次回は、「手の使い方で変わる暮らしの不思議」を予定しています。
| - | 22:20 | - | - | - |